新潟大学 大学院医歯学総合研究科 歯科薬理学分野

お問い合わせプライバシーポリシー

sp
歯科薬理学分野

HOME > 教室の紹介

ご挨拶

佐伯万騎男 平成26年2月より新潟大学医歯学総合研究科歯科薬理学分野教授を拝命致しました。赴任にあたり、教室の研究テーマを歯科臨床に貢献できるものにしたいとの思いから、分野名を歯科薬理学に改称させていただきました。実際の歯科臨床の場には私たち基礎の人間がお手伝いできる研究テーマがまだまだたくさんあると思います。臨床の先生方とアイディアを出し合い、そのような研究テーマにじっくりと取り組むことで、これまで育てて頂いた歯科の世界の諸先輩方に少しでも御恩返しをしていければと考えております。

 私は一酸化窒素の研究で1998年度ノーベル医学・生理学賞を受賞したFerid Murad博士の研究室(テキサス州、ヒューストン)に留学し、諸先輩方がおっしゃるMurad研の自由な雰囲気を肌で感じ取ることができました。私は学生さん、スタッフの方々の自主性を何よりも重んじ、また新潟大学の伝統を生かしつつ、若い歯学研究者を育成し、新潟の地から独創的な研究を発信していきたいと考えています。

 Murad研の雰囲気を表す言葉に、Murad先生の「Science should be fun!」があります。新潟大学歯学科、口腔生命福祉学科の学生の皆さん、歯科薬理学分野で楽しく研究をしませんか?

新潟大学 大学院医歯学総合研究科
歯科薬理学分野 教授 佐伯万騎男


プレスリリース

大阪大学医学部、トロント大学との共同研究の成果が、朝日新聞、日経新聞、産経新聞、日刊工業新聞、共同通信、時事通信、ジャパンタイムズで報道されました。
本論文の共著者であり長年の共同研究者であります江草宏先生は平成26年4 月より東北大学歯学部分子・再生歯科補綴学分野教授として赴任されました。
プレスリリースはリンクページからもご覧頂けます。


朝日新聞2013年9月26日朝刊27頁大阪本社

朝日新聞記事

※朝日新聞無断複製転載を禁じます。
全ての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されております。

sp
sp
sp
sp