新潟大学 大学院医歯学総合研究科 歯科薬理学分野

お問い合わせプライバシーポリシー

sp
歯科薬理学分野

HOME > 研究内容 > 癌研究 > 骨研究

「急がば回れの骨再生」:骨吸収促進薬を用いた新規骨疾患治療薬の探索


骨研究1

cell-basedの一次スクリーニングシステムにより見出されたNFAT活性化小分子化合物であるケンパウロンKenpaulloneが、二次スクリーニングにおけるin vitro破骨細胞分化を促進した。
(Akiba et al. BB reports, 2016)。
このような化合物の中から、in vivoで骨形成を促進するものを探索している(三次スクリーニング)。

破骨細胞と骨芽細胞のカップリング機構を逆手にとり(モデル図参照)、破骨細胞活性化薬の中から、新しいタイプの骨形成促進薬を探索することを目的とする。
(佐伯万騎男、江草宏:骨形成促進薬の開発に向けた新たな戦略 日薬理誌, 2015)


骨研究2



sp
sp
sp
sp